FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2019-07-29 (Mon)
警察や検察と創価学会の特殊な関係は、いまに始まった事では無い。
『大阪事件』で、警察・検察の厳しい取り調べを受けて、池田は警察と検察を恐れる様に成り
本来ならば、池田は自らの不明を反省すべきですが、池田の意識は反省に向かうのではなく
警察を抱き込むことに向かいました。そこで公明党が都議会でキャスティングボートを
握るや否や、池田の指示で、竹入や藤井が、まっさきに警視庁の抱き込みに動いたのです。
左右の対立の激しい中で、公明党は警視庁予算、人事を無傷で通してやることで恩を売り。
当時は、社・共が警察に厳しい態度をとっていたので、警視庁も公明党にすぐすり寄って
きました。そうした公明党と警視庁の談合の場になったのが築地の料亭・河庄です。
ここに入り浸って今泉太郎(元都議)などが警視庁の幹部を接待・懐柔したのです。
創価学会・公明党の選挙違反は不問に付され、交通違反などももみ消されるばかりか
池田の女性問題を取り上げた月刊ペン事件の隈部大蔵編集長を、警視庁の暴力団担当の
四課がいきなり逮捕するというような、癒着の構造ができあがっていったのです。


■■■ 警察の創価学会汚染 ■■■
創価学会がらみの事件に対する警察の及び腰は目に余る、平成14年9月に発覚したNTT
ドコモ携帯電話通信記録盗み出し事件や、2004年2月に発生したヤフーBBの個人情報漏洩に
からむ恐喝未遂事件での警察・検察の対応は驚くべきもの。すなわちNTTドコモ事件では
創価学会を脱会した創価大学の元教員夫人で、現在は日蓮正宗の法華講に所属している
福原由紀子さんの通信記録が、盗み出されていたことを、警察は捜査の過程で把握するなど
複数の犯罪事実の存在を認識していたにもかかわらず、警察ならびに検察は、実行犯の
根津丈伸(創価大学学生課副課長・創価学会全国副青年部長などを歴任)や
田島稔(創価大学剣道部監督・八王子組織の男子部主任部長)、嘉村英二(創価大学OB・
男子部活動家)らの犯罪行為を、田島の男女関係のトラブルに起因する、1件しか立件せず
福原さんの通信記録の盗み出しをはじめとする、複数の犯罪事実を不問に付すと共に
創価学会と対立する、日蓮正宗の法華講幹部である、佐藤せい子さんの通信記録盗み出しの
疑惑についても解明しようとはしなかった。


同様にヤフーBB事件でも、恐喝未遂で立件された元聖教新聞職員で、函館の創価学会組織
の副圏長だった湯浅輝昭被告の公判で、創価学会の全国副男子部長や創価班(行事運営など
を担当する男子部の訓練組織)の全国委員長などを歴任し、創価学会の組織的犯行である
ことが認定されている、宮本共産党委員長宅盗聴事件の実行犯である竹岡誠治容疑者が
湯浅被告の公判での検察の冒頭陳述や弁護側の最終弁論において主犯格であることが
明らかになっているにもかかわらず、検察は竹岡容疑者を起訴せず処分保留で釈放して
しまっている。


そして創価学会に批判的だった朝木明代東村山市議が、西武新宿線東村山駅前の雑居ビル
から転落して死亡した「怪死」事件では、警視庁東村山署は事件発生当初から朝木市議の
死を「自殺」と吹聴、事件発生直後には、ろくな捜査すらしなかった。この事件については
事件後4年を経過して明らかとなった、司法解剖の鑑定書に、法医学上「争った痕」と
推定される皮下出血痕が、上腕の内側にあった事が記載されていたが、当初から事件を
「自殺」だと強調し続けた東村山署の副署長は、その後、創価学会が「週刊新潮」の朝木市議
の怪死事件に関する記事を、名誉毀損だとして提訴した裁判で、筆者に対する証人尋問の
法廷に姿を見せ、創価学会の代理人と親しく談笑する姿が目撃されている。
創価学会を厳しく批判していた、朝木市議の怪死事件や、朝木市議の生前に生じた暴行事件
などを担当していたのは、創価学園・創価大学出身のバリバリの創価学会員である信田昌男
検事だった。担当検事を指揮する立場にある、東京地検八王子支部の支部長も、学会員の
大学生を法曹界や官界等に送り込む為の、特別プロジェクトである創価学会学生部法学委員会
の参与で、創価学会の副会長の妹を妻に迎えている、バリバリの学会員である吉村弘検事
だった事が分かっている。朝木市議の怪死事件は、学会員の検察シフトで捜査されていた。


■■■ 公明党の政治力用い癒着を構築 ■■■
月刊ペン事件において創価学会は、隈部氏の逮捕と池田氏の証人出廷を阻止する為に様々な
工作を行ったことが分かっているが、そうした裏工作の実態を、当時、創価学会の顧問弁護士
だった山崎正友氏は最高裁への上申書の中で、次のように陳述している。
「隈部氏を告訴するに当たっては矢野公明党書記長、大野潔代議士、小谷野三郎弁護士、
龍年光、藤井富雄、大川清幸東京都議会議員らが、法務省幹部、検察幹部、警視庁幹部と、
綿密な打合わせをしました。衆、参両議院法務委員長の権限を背景に、法務省筋に圧力を
かける一方、東京都議会におけるキャスティングボートをにぎる与党としての力、即ち
警視庁予算を左右する力を背景に、警視庁に圧力をかけたのであります。


当時の警視庁捜査四課の幹部とは、学会側も小谷野弁護士も特別懇意な関係にあり、従って
告訴は、四課で処理されることになりました。創価学会の外郭企業の社長を集めた社長会の
席上、池田氏は「警察だって動かしているのは竹入、井上だよ。龍なんかおどすだけで
味方にならない。竹入の一声だよと発言しているが、創価学会・公明党の文字通り最高幹部
だった竹入・龍・山崎3氏の発言、そして池田氏自身の社長会での発言は、創価学会が警察や
検察を全力を挙げて取り込んできた事実を物語っている。
NTTドコモ事件やヤフーBB事件で、明確な犯罪事実が立件されなかったり、
検察の冒頭陳述でも事件を主導していた事が指摘された、竹岡容疑者が処分保留になった
背景には、創価学会と警察・検察の“癒着の構造”があると見るのは筆者一人ではあるまい。


■■■ 学会員警察官の不祥事も多発 ■■■
公明党の政治力を背景にした、創価学会と警察の関係と共に、千葉県での現職警察官による
公職選挙法違反の事実に象徴される、学会員警察官による違法行為や不法行為、職権濫用や
その立場を利用しての問題行為などである。

平成5年3月5日、衆議院の予算委員会において社会党の関晴正代議士は、創価学会の
宗教法人としての適格性を問題にしたが、その際、青森県警の現職の警察官が、日蓮正宗の
法華講に所属する老婦人に執拗に法華講からの脱講を強要した事実を挙げ
「人権侵害だ」とこう厳しく指摘している。脱講運動というのは、法華講の講から抜けろと
いう運動で、そして学会に来いという事です。一日に何度も来る、脅迫的言辞を弄している。
「こっちへ戻らなければ地獄へ落ちるぞ、こっちへ戻らなければ殺してやるぞ」
この事実は、現職警察官が僧侶を案内して行っている訳です。公序良俗に反するような行為が
公然と行われている、人権侵害もいいところでしょう。


■■■ 職権濫用しての嫌がらせ ■■■
警察官は現役の創価学会活動家で、かつて山梨県警の中に「池田先生を守るために
創価学会男子部によるインフォーマルな組織を作ろう」などと呼びかけていた人物で
あることが確認されたというのである。
こうした事実が判明したことから「慧妙」紙は、この事件は、創価学会の熱心な活動家で
ある現職警察官が、職権を濫用して阿部日蓮正宗法主の車を強制的に停車させ、
不当な職務質問を行い、その事実を「聖教新聞」等で歪曲して報道し、日蓮正宗の名誉を
毀損するという極めて謀略的な事件だったと報じている。


■■■ 警察への浸透を企図 ■■■
創価学会には「水滸会遺戒置文二十六箇条」なる秘密文書がある。これは創価学会の
原島嵩元教学部長によれば、昭和53年頃、池田氏が佐久間昇副教学部長に命じて
池田氏自身の「天下取り」構想を、戸田城聖会長の言行録としてまとめたものだと言う。
その中には、「総理大臣」の位置付けや「総理大臣」ポスト奪取の構想をはじめ「官庁」
への浸透の必要性「政治家対策」など、若い時分から「天下を取ろう」をキャッチフレーズ
にしていた池田氏の「天下取り」のための構想、青写真が述べられているが、その中に
「警察権力」への浸透方法として、警部や警部補などの、現場の指揮者を学会員で
占めていく構想が語られている。


民社党の元委員長で、非自民連立政権で厚生大臣などを務めるなどした大内啓吾氏は
平成7年に開催された「創価学会による被害者の会」の集会の席上、厚生大臣時代
警察関係者から、警視庁には4000人もの学会員の警察官がいると聞かされた旨
語った事実がある。
いくら学会員とはいえ、現職警察官が、書類送検された千葉南署の
巡査長のように、創価学会・公明党のために、軽々に違法行為を犯すとは考えたくないが
「水滸会遺戒置文二十六箇条」などの存在もあるだけに、気になるところです。

竹入元公明党委員長や龍元都議会公明党幹事長、そして山崎元創価学会顧問弁護士らが
明らかにしている様に、創価学会は公明党の政治力を背景に、警察や検察を自家薬籠中の
存在とし、学会員らによる犯罪を隠蔽するとともに、その権力を対立する人物や団体を攻撃
するための武器として利用している。北海道警や福岡県警などで発覚した捜査費裏金問題
を追及する事も重要だが、同時に警察が創価学会によって汚染されていないかどうか
偏向していないかどうか、こうした点についても厳しい監視が必要である。
( 引用元不明)

オウム真理教の麻原彰晃と池田大作は、北朝鮮人で有り、麻原彰晃は、元創価学会員で
繋がっている、オウム真理教は、創価学会よりお金を貰い、サリン事件で日本乗っ取りの
実験をしたのでしょうか? オウム信者は、サティアンにて、洗脳、覚醒剤、電磁波の
ヘッドギアーなどにより、人体実験をされていたのでしょうか?
一般人がターゲットにされた時期が、オウムの頃から始まったと言われています。

★最近、PCの妨害が酷く、画面が動かない様にされてしまいます、Twitterが出来ない様に
妨害して来て、大変です、身体攻撃も酷く成りました、ブログ更新も出来なく成っています。
マウスも動かない様にされ一時的に使えない、ノートンを入れていますが、効果なしです。


スポンサーサイト



* Category : 創価学会
* Comment : (3) * Trackback : (0) * |

Twitter情報 * by サクラ
★音声送信で、来年辺りに北海道の方に基地を作る模様。そして戦争をする準備になる模様。
北朝鮮がミサイルを打って攻撃してきて、アメリカを挑発します。
アメリカは日本を守ると言っていても、戦争になれば一緒に戦うことが当たり前だ!
って言いますよ。来年のオリンピックが終わったくらいか、その辺りの時季だと思います。
戦争になったらテクノロジー犯罪の加害者はどうなるのでしょうか。
加害者は、自分達が次の星に行く道、簡単に言ったらストローみたいな感じの
トンネルの道を作って移動します。

●ケイ=NOTE BOOK? さんより
集団ストーカーの被害者が、この犯罪について政府に対応方針を聴く公的な窓口が
存在しない。 警察への相談も可能だが、ただ聞き置くだけだ。
警察では担当できないのなら、この暴力団もどきを処罰する公的な方法はないと
いう事になろうか?市民と暴力団もどきが戦い合うことを警察は望んでいるのか?

この犯罪が世間に広まり 認知されても 加害者はこの遠隔拷問の技術を絶対に手放し
そうにない。加害者にとって、もはや人生における最大の娯楽とか生きがいになりつつ
ある気がする。被害者への執着心と支配欲求も尋常ではない気がします。
娯楽ならまだ分からなくもないが、権力者にとっては「思考盗聴」はとってもおいしい
技術だろう。極端に言えば、世界の人々をたった一人の人間が、思いのままに操る事も
できる技術だ。内心の自由が奪われた人間は操り人形となりかねない。
まだ、知らない人が多いが、たいへん危険な技術が存在する

●集団ストーカーによる技術的犯罪で音声を無線で送られる被害は、中波帯にあたる
周波数450kHzを使っていることがほぼ確定。
電界効果によるジャミングで送信音が崩れて了解度がかなり悪くなり、音量もかなり
低下することが判明。今後その周波数での音声受信方式の解明に注力します。

●精神病→嘘 心霊現象→嘘
テクノロジー犯罪による音声送信です。被害者の中には気付かずに運命操作されている
人がいます。音声だけではなく、映像も送信できます。芸能人にも耳の症状に悩まされ
休業される方がたまにいますが、集団ストーカー被害者である可能性があります。

●集団ストーカー犯罪を解決するためには、被害者一人一人が社会周知活動をしたり、
証拠公表するしかない。被害初期で恐いというのは分かるが、何年も活動一つせず
ただ他の被害者を偽物だとか口撃している馬鹿は一体何だ?
それこそ加害組織を利する行為しかしない、最も信じるに値しない偽被害者だ!
集スト被害者の皆さん、悔しくはないのですか?
加害組織は偽被害者のふりをした工作員を潜り込ませて人間関係を引っ掻き回せば
被害者など簡単に騙せて仲違いさせられると舐めて掛かっているのですよ?
偽被害者など何も解決行動をせず、加害組織を利する行為しかしないのだから
見分けるのは簡単です!


Twitter情報 * by サクラ
●日本は乗っ取られていた! 
・NHK1000人が朝鮮人
・テレビ局はどこもほとんど朝鮮人
・右翼全員朝鮮人
・暴力団全員朝鮮人
・芸能界の50%が朝鮮人
・政治家150人が朝鮮人
・川崎市役所は400人が朝鮮人
・電通幹部2000人が朝鮮人

●政界、財界、官界、学会、司法、教育界……。
日本のありと凡ゆるところに反日と共産主義が蔓延っています。
彼等は日本そのものを解体したくてしょうがない。

●れいわ新撰組の選挙参謀は 森大志、斎藤まさし。
森氏の父親は連合赤軍派最高幹部田宮高麿。母親は森順子、ヨーロッパで有本恵子さんら
3人を拉致し北へ連れて行った主犯。森氏は北で生まれ、「日本革命村」でスパイ教育を
受けた。斎藤まさしは菅直人らと活動。大虐殺したポルポト崇拝者。ヤバいだろ?

●創価公明が政治に深く関わり出してから、増税、凶悪犯罪、国民をがんじがらめにする
法律、不正不祥事等が増加している事は明らかですね。
日本は植民地なんですよ。日本人にわからせないように進められてますわ。
乗っ取られたマスコミを使って国民を誘導してるだけやって。
働いても社会保障は改善されない。今後も。何十年も前からその繰り返しでしよ?

●『警察庁 - 第3次犯罪被害者等基本計画の見直し』
⇒  https://ameblo.jp/raquell2012/entry-12502534316.html
「団体として意見聴取会に参加申込み(8月9日迄)ができるとのことで、
当会も8/21-23日の間に開かれる聴取会に参加し、被害者としての意見・要望を
述べて来たいと思います。」

●池上彰は中国のスパイです。
NHKの中には中国の放送局があります、もちろん韓国の放送局もあります
NHKの職員の1500人くらいは在日帰化人や中国人です。
すでに日本の組織ではありません。彼は日本人を洗脳する為に働いています。
デニーや瑞穂、橋下もそうです。

●【怖ろしいNHK】立花孝志「在職中にNHKに都合の悪い者を始末しなければならないと
聞いたことがある。大相撲の放映権料を4億から5億に値上げをした時、なぜ値上げかと
上司に尋ねた所『NHKに都合の悪い人間を暴力団に抹◯して貰う為の分が上乗せされている』
と小声が返ってきた」

●ヤクザも使って受信料を強奪する「日本の皆様のNHK」は放送法さえ守らない!
放送法の第四条
一 公安及び善良な風俗を害しないこと。
二 政治的に公平であること。
三 報道は事実をまげないですること。
四 意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにする事。

●防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態
殴る蹴る。エアガンで撃つ。バットで殴る。食べ切れない量の食事を無理やり食わせる。
硬いままのカップ麺にわさびを入れ、無理やり食べさせたり熱湯を口に含ませる。
原稿用紙100枚に反省文を書かせる。ノート1冊全部に『ごめんなさい』と記入させた。
廊下をわざと泡だらけにし掃除させる。机の中を荒らす… ムチャクチャでした。
裸の下半身を掃除機で吸う。体毛に火をつける。全裸にさせ際限なく腕立て伏せをさせる。
「風俗嬢と写真を撮ってこい」と強要する
いじめの当事者の何人かは自衛隊の幹部になっています。



Twitter情報 * by サクラ
●集団ストーカー犯罪の根底にあるものは“貧困ビジネス”だ。
自治体役所の民生課は加害組織(カルト宗教や反日左翼)に乗っ取られている。
「生活保護や障害者年金の受給を口利きしてやる」などと甘い言葉で生活困窮者を釣り
汚れ仕事をやらせたり、給付金の一部をピン跳ねして私腹を肥やしている訳だ。
いっそ殺してほしいと思う被害者もいるようだ。集団ストーカー はそれほど苛烈な人殺し
なのだ。見て見ぬふりをする一般市民はどうとして、加担している芸能界、警察機構
役人、自衛隊員、メディア、彼らはみな殺人者なのだ。

●飯森裕次郎容疑者はテクノロジー犯罪の被害者でしょう?
「音声送信」では、誰の声でも自由に使えますよね?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00000572-san-soci

●ある集スト被害者が「仲間を被害者の会に勧誘して年会費を請求する、高額な機器を
売り付ける」なんて悪い噂を流されています。では、貴方は実際にその人物から勧誘さ
れましたか?お金を騙し取られた事が一度でもありましたか?
被害者同士の仲違いを仕組む、集スト加害者が広めるデマに注意しましょう!

●集団ストーカーによる「音声送信」がいまだにUHF帯の「フレイ効果」によると
思い込んでいる方は、かんたんな方法でその真偽を確かめることが出来ます。
ご自宅のふろおけに水か湯をいっぱい張って、頭まで沈んでください。
数センチでも水中に完全に沈めばUHF帯の電磁波は水中に入れません。

●集団ストーカーの被害が始まったら、当人が死ぬまで終わらないのは、加害者によって
被害者にマイクロチップなどのインプラント(仕込み)をしてしまったので、
それがバレないよう常に監視を怠れないからだそうだ。
被害者によっては時々「お休み」もあると言う。加害者を一掃しないと被害は終わらない

●最近の傾向として 頭を狙って撃ってくることが多くなりました どういうことかは
私も調べてあるのでわかります 頭に 連日 電磁波を照射され続け 脳が萎縮し
肝臓がやられ 亡くなったそうです。

●集スト被害者界に巣食う害虫・偽被害者!一匹が正体バレて追い出されると、また新たに
別の工作員が派遣される。奴らは一応、尤もらしい被害体験談を語ったりもする。
加害組織の脅迫に屈して、その手先に成り下がったのか。
もしくは元加害者で、用済みとなって加害組織から内ゲバされている類なのかも

●集団ストーカーの被害者になり電磁波攻撃で立てない時もあり、警察からTwitterを
やめろと圧力がかかって一度やめた。やめている時も攻撃は変わらなかったし再開したら
再開するなとまた連絡がきた。加害者に取っては犯罪の事実を公表されることを
恐れているようです。なら犯罪はやめるべきだ。

●集団ストーカーは最終的には自殺に追い込むもので、殺人である。
被害者以外想像がつかないが、そのやり口は残忍きわまりなく、通常の殺人さえ問題に
ならぬほど、非道だ。あらゆる権利と希望を奪い、狂人のレッテルを貼り、事件に巻き込み
抹殺するのだから